ワキガの黄ばみを落とす洗剤はある?

ワキガによる黄ばみは、衣服の襟などの黄ばみとはまったく異なるものです。

 

ワキガの原因となる「アポクリン汗腺」からは、脂質や脂肪酸・タンパク質などの様々な成分が汗として分泌されます。

 

この中には、「リポフスチン」という色素成分も分泌されています。

 

このリポフスチンが衣服につくことにより黄ばむのです。

 

ワキガの人はアポクリン汗腺が多く、必然的にこの色素成分も多く分泌されていることになりますので、衣服の脇の部分に「黄ばみ」ができやすくなってしまうのです。

 

「リポフスチン」による色の付き方は茶褐色から薄い黄色であることが多いようです。

 

ですから「黄ばみ」と呼ばれているんですね。

 

ワキガの黄ばみは重曹で落とす!

 

ワキガの黄ばみには「重曹」が効果的です。

 

重曹は正式には「炭酸水素ナトリウム」という、アルカリ性で粉末状の物質です。

 

パンのふくらし粉や、胃薬などにも使用されており、口に入っても安全なので安心して使用できます。

 

重曹にも漂白効果がありますので、洗濯に使うと効果的!

 

使い方は簡単です。

 

500mlペットボトルに水を入れ、大さじ1杯程度の重曹を入れてよく振って溶かします。

 

できた重曹水を洗面器などにあけ、衣服の黄ばんだ部分を一晩つけておくだけです。

 

その後、普通に洗濯します。

 

重曹と漂白剤の組み合わせならさらに強力!

 

頑固なワキガの黄ばみには、「重曹」と「液体酸素系漂白剤」の合わせ技が効果的です。

 

同じ漂白剤でも、「塩素系漂白剤」ではなく、「酸素系」と表示されている漂白剤を使用しましょう。

 

まず、小皿などに重曹を少量取り、液体酸素系漂白剤を1:1の割合になるように入れてよく混ぜます。

 

この時、炭酸ガスが発生します。

 

ですから、ペットボトルなどの密閉容器に入れて混ぜるのはやめましょう。

 

漂白液ができたら、黄ばみに塗り、スチームアイロンのスチームを当てます。

 

漂白剤は温度が40?50℃の時に最も効果が高いですね。

 

ドライヤーの温風で代用も可能です。

 

その後、いつも通り洗濯をします。

 

この方法は、漂白力が大変強いため、色柄物には使用しないでくださいね。

 

ワキガケアクリームで汗とニオイを抑えて黄ばみがつかないようにする

 

衣類についてしまった黄ばみを落とすことも重要ですが、その黄ばみをつかないようにする方法はないのでしょうか?

 

もちろん、汗わきパッドを使うなど、衣類に汗とニオイと黄ばみがつくのを防止しましょう。

 

そして、ワキガケアクリームで根本から汗とニオイを防止するケアも続けましょう。

 

ワキガケアクリームでオススメはクリアネオです。

 

嫌なニオイ消したい

 

 

クリアネオには有効成分がしっかり配合されています。

 

パラフェノールスルホン酸亜鉛という薬用成分によって汗を抑えます。

 

イソプロピルメチルフェノール配合で、菌の増殖を抑えます。

 

 

汗の分泌をコントロールして、雑菌を増やさないようにすれば、ニオイを原因からしっかり抑えることが出来るんですね。
そして、柿渋エキスに含まれる「柿タンニン」という成分が、臭いを解消してくれます。

 

ワキガによる黄ばみを落とす洗剤に混ぜて使うものとは

 

柿渋には、消臭剤でよく使われている茶カテキンの25倍の消臭効果があると言われています。

 

柿渋は自然の成分ですから、体にも優しいんです。

 

他にも、

 

  • シャクヤクエキス
  • チャエキス
  • クマザサエキス
  • ハマメリスエキス

 

が配合されていて、消臭効果があります。

 

ワキガによる黄ばみを落とす洗剤に混ぜて使うものとは

 

お風呂あがりの清潔なワキに塗ると、スーッとした感じが長持ちします。

 

そして、朝起きてもニオイが少ない気がするんです。

 

朝も濡らしたタオルでワキを拭いてからクリアネオを塗ると、一日ニオイが気になりません。

 

 

でも念のためお昼にもクリアネオをこっそり塗ったりしています。

 

 

クリアネオの容器はシンプルなので、何かはわかりません。

 

これならポーチに入れておいてもいいですね。

 

衣類にニオイがつく前に、汗とニオイを抑える毎日のケアを、欠かさずやっていきましょう。

 

 

クリアネオをこっそり購入する方法をチェックする方はこちら