ワキガ 多 汗 症 薬

ワキガで多汗症の薬はどんなものがあるのでしょう?

 

塩化アルミニウム溶液

 

多汗症治療の外用薬として用いられます。

 

アルミニウムはエクリン汗腺周辺に炎症を起こし、汗腺導管部を閉塞させるため、制汗作用を起こすと言われています。

 

赤みやかゆみなどの刺激を感じる人もいます。

 

持続期間が短いので、毎日塗布を続けることで効果が現われます。

 

内服薬

 

抗コリン薬や漢方薬などがあります。

 

外用薬や注射薬と異なり、広い範囲に効果があることが特徴です。

 

注射薬(ボツリヌス療法)

 

BOTOXをワキの多汗(腋窩多汗症)部位へ注射する治療法です。

 

汗の分泌を増加させる神経伝達物質アセチルコリンを抑制して、発汗を抑えます。

 

1回の注射で効果は約4か月〜9か月持続するので、年に1〜2回程度の治療で汗を抑えることができます。

 

ワキにのみ対応しています。

 

両脇ボットクス注射の料金1回約50,000円ほどです。

 

レーザー治療

 

マイクロニードルRF治療(インフィニ)などがあります。

 

この治療法も、両脇で1回約50,000円ほどです。

 

クリニックに行く前に、ワキガ専用クリームでケア!

 

クリニックに行く前に、毎日のニオイケアを習慣にしましょう。

 

ニオイケアクリームでおすすめなのはクリアネオです。

 

シンプル

 

 

なぜかというと、有効成分がしっかり配合された効果のある臭い対策クリームだからです。

 

パラフェノールスルホン酸亜鉛という薬用成分によって汗を抑えられます。

 

イソプロピルメチルフェノール配合で、菌の増殖を抑えます。

 

 

汗の分泌をコントロールして、雑菌を増やさないようにすれば、ニオイを原因からしっかり抑えることが出来るんですね。

 

そして、柿渋エキスに含まれる「柿タンニン」という成分が、臭いを解消してくれます。

 

ワキガや多汗症の薬はどんなものがある?☆

 

柿渋には、消臭剤でよく使われている茶カテキンの25倍の消臭効果があると言われています。

 

柿渋は自然の成分ですから、体にも優しいんです。

 

他にも、

 

  • シャクヤクエキス
  • チャエキス
  • クマザサエキス
  • ハマメリスエキス

 

が配合されていて、消臭効果があります。

 

ワキガや多汗症の薬はどんなものがある?☆

 

お風呂あがりの清潔なワキに塗ると、スーッとした感じが長持ちします。

 

そして、朝起きてもニオイが少ない気がするんです。

 

朝も濡らしたタオルでワキを拭いてからクリアネオを塗ると、一日ニオイが気になりません。

 

 

でも念のためお昼にもトイレでクリアネオを使っています。

 

 

クリアネオの容器はシンプルなので、何かはわかりません。

 

これならポーチに入れておいてもいいですね。

 

これで、ニオイが実感では8〜9割は抑えられます。

 

毎日ニオイが抑えられているというだけで、気持ちが随分楽になります。

 

今悩んでいる人も、あきらめずに毎日のケアでできることを試していきましょう。

 

 

ワキガ対策クリームをこっそり購入する方法をチェックする人はこちら