ワキガとホルモンバランスとの関係は?

男性には男性ホルモン「テストステロン」、女性には女性ホルモン「エストロゲン・プロゲステロン」がそれぞれ分泌されています。

 

この性ホルモンはワキガの臭いや臭いの強さに影響すると言われているんです。

 

女性ホルモンはアポクリン腺の活動を促進し、それによってワキガになると言われています。

 

しかし、ワキガは遺伝性のものでもあるため、すべての人が性ホルモンによってワキガになるというわけではありません。
ワキガの原因になる性ホルモンは、生まれた時から大人になるまでに徐々に発達し、体に分泌されていきます。

 

ワキガがもっとも活発に現れるのは、ホルモンの活動が活発になる10代から30代のうちであると言われています。

 

40代以降は男性・女性ともに更年期に入るため、体のホルモンバランスが変化していきます。

 

ただし、ワキガは体質であるため、40代以降も体臭が取れずに悩んでいる方も少なくありません。

 

少なくとも性ホルモンについては、年齢とともに活動量が低下し、アポクリン腺への影響も少なくなっていきます。

 

においが気になる人は、まずはニオイケアクリームでケア

 

クリニックに行く前に、毎日のニオイケアを習慣にしましょう。

 

ニオイケアクリームでおすすめなのはクリアネオです。

 

シンプル

 

 

なぜかというと、有効成分がしっかり配合された効果のある臭い対策クリームだからです。

 

パラフェノールスルホン酸亜鉛という薬用成分によって汗を抑えられます。

 

イソプロピルメチルフェノール配合で、菌の増殖を抑えます。

 

 

汗の分泌をコントロールして、雑菌を増やさないようにすれば、ニオイを原因からしっかり抑えることが出来るんですね。

 

そして、柿渋エキスに含まれる「柿タンニン」という成分が、臭いを解消してくれます。

 

ワキガとホルモンバランスの関係は?

 

柿渋には、消臭剤でよく使われている茶カテキンの25倍の消臭効果があると言われています。

 

柿渋は自然の成分ですから、体にも優しいんです。

 

他にも、

 

  • シャクヤクエキス
  • チャエキス
  • クマザサエキス
  • ハマメリスエキス

 

が配合されていて、消臭効果があります。

 

ワキガとホルモンバランスの関係は?

 

お風呂あがりの清潔なワキに塗ると、スーッとした感じが長持ちします。

 

そして、朝起きてもニオイが少ない気がするんです。

 

朝も濡らしたタオルでワキを拭いてからクリアネオを塗ると、一日ニオイが気になりません。

 

 

でも念のためお昼にもトイレでクリアネオを使っています。

 

 

クリアネオの容器はシンプルなので、何かはわかりません。

 

これならポーチに入れておいてもいいですね。

 

これで、ニオイが実感では8〜9割は抑えられます。

 

毎日ニオイが抑えられているというだけで、気持ちが随分楽になります。

 

今悩んでいる人も、あきらめずに毎日のケアでできることを試していきましょう。

 

 

ワキガ対策クリームをこっそり購入する方法をチェックする人はこちら