子どものワキガ治療はどうする?

子どものワキガ治療はどうする?手術は無理って本当?

子どものワキガ治療はどのような方法があるのでしょうか?

 

12歳の小学生なんですが、成長期ですので、手術は再発の可能性もあると聞いたことがあります。

 

やはり手術はやめておいた方がいいのでしょうか。

 

 

 

子どものワキガ治療はどうする?手術は無理って本当?

子供は、10-12歳頃の第二次性徴とともに、わきがの原因であるアポクリン腺が急速に発達します。

 

成長期の子供が手術をしても、アポクリン汗腺が成長して、高確率で再発するといわれています。

 

手術は、最低でもお子さんが高校生になってからがいいでしょう。

 

しかし、手術ではなくても、今はいろいろな治療法があります。

 

たとえばレーザー治療もその一つでしょう。

 

レーザー治療は、レーザーを照射する施術だけで、わきがの臭いの元になるアポクリン汗腺を破壊でき、汗も大幅に軽減できます。

 

子どものワキガ治療はどうする?手術は無理って本当?

 

ただ、1回の治療では効果が出にくく、3〜4回の治療が必要で、完治するには更に6〜7回の治療が必要だと言われています。

 

効果には個人差があるため、一概には言えませんが、子供のわきがレーザー治療は1回約5〜6万円かかります。

 

ただ、やはり費用は高いですね。

 

高額な治療に踏み切る前に、毎日のケアをしっかり試してみるのも一つの方法です。

 

毎日のケアとは、ワキガ対策クリームでニオイケアすることです。

 

子供でも使えるワキガクリームでオススメなのはクリアネオ

 

子供でも使える優しい成分のワキガ対策クリームはクリアネオ。

 

お子様のワキガ対策にクリアネオ

 

お子様のわきが対策をしたい方はこちら

 

クリアネオは、朝に1回脇に塗るだけで臭いを抑えます。

 

嫌なニオイの原因は、『汗』と『雑菌』の2つ。

 

アポクリン汗腺から出た『汗』をワキにいる雑菌が分解することで、アンモニアを含むニオイ物質へと変えられてしまいます。

 

“わきが”だからって、体から出る汗があの特有のニオイをもっている訳ではないんですね。

 

ですから、わきがの嫌なニオイを抑えるには

 

『汗』を抑える
『脇』を清潔にし、雑菌を減らす

 

この2つの対策をすることが大切なんです!

 

具体的には

 

汗を抑える

→@パラフェノールスルホン酸亜鉛

 

雑菌の増殖を抑える

→Aイソプロピルメチルフェノール

 

抑臭に重要な

→B柿渋エキス(柿タンニン)

 

子どものワキガ治療はどうする?手術は無理って本当?

 

また、クリアネオが優れている点は、柿渋エキスが含まれていることです。

 

柿渋エキス(柿タンニン)とは柿渋(かきしぶ)とは、渋柿の果汁を発酵させて作る液体です。

 

柿渋には、タンニンという成分が含まれていて、”柿タンニン”と言います。

 

この柿タンニンは、悪臭成分と結合して別の成分に変化することで、悪臭成分を抑えるパワーを持っています。

 

クリアネオが嫌なニオイを抑えてくれるのには、アポクリン汗腺から出る汗と雑菌を抑えて、しかも柿渋エキスで臭い成分を抑えてくれるんですね。

 

成分の安全性にもこだわっているので、お子さんでも使用できます。

 

学校で塗りなおす必要がないので、体臭ケアをしていることを周りにさとられません。

 

市販の制汗剤のほとんどはワキガの原因菌に対応しませんが、クリアネオなら99.999%を除菌します。

 

日本製の医薬部外品で、厚労省から効果を認められているのも安心のポイントです。

 

一度公式サイトをチェックしてみましょう。

 

 

ワキガ対策クリームをこっそり購入する方法をチェックする人はこちら